肝臓に良い飲み物で肝機能を回復させよう

肝臓のケア方法4:飲み物でケアする

食べ物だけでなく、飲み物でも肝臓の疲れを取ることができます。

 

オススメは濃い緑茶ウコンです。
この2つを意識して摂取することで、肝臓を元気にすることができますよ。

毎日飲みたい濃い緑茶

緑茶

毎日、続けて飲みたいのが緑茶です。特にカテキンが多い濃い緑茶がオススメです。

 

緑茶に含まれているカテキンは、実は肝臓に溜まってしまった脂肪を減らすという効果があるのです。
薄い緑茶ではなく、できるだけ濃く淹れた緑茶を食事と一緒に飲むというのが一番良い飲み方です。

 

仕事をしている人は、マイボトルを用意し、自分で濃さが調節できる緑茶を買ってきてそれを毎日ボトルに入れて持ち歩くといいでしょう。

 

ちなみに濃い緑茶はダイエットにも効果的。
キレイになりたい女性も食事と一緒に緑茶を飲むようにすると
肝臓をケアしながらダイエットもできて一石二鳥ですよ。

お酒を飲む人にはウコン

お酒を飲む機会が多い人は、ウコンを含む飲み物を飲むようにするといいでしょう。
お酒を飲む直前(30分前くらい)にウコンを含むドリンクを飲むようにすると、
肝機能を強化し、胆汁の分泌を促進するといった効用により、アルコールの分解が早くなるのです。

 

飲み会などが多いサラリーマンの方などはこうしたドリンクを利用することで、
アルコールによる肝臓の負担を減らすようにするといいでしょう。

 

ただし、たくさん飲めばいいというわけではなく、適度に飲むことが重要になります。
適正量は3〜5gといわれていますからこれを目安に摂取するようにしましょう。

 

一度に大量に摂取してしまうと、
鉄欠乏貧血を起こしてしまう可能性がありますから注意してくださいね。

 

このように、飲み物でも肝臓をケアすることは十分に可能なのです。
普段の食事のお供には濃い緑茶を、飲酒をするときにはウコンを利用するようにすると
肝臓が疲れにくくなりますから、ぜひ習慣にしていきましょう。

 

とはいえ過ぎたるは及ばざるが如し。やりすぎは禁物ですよ。