あなたは大丈夫?肝臓を疲れさせる5つの生活習慣

あなたは大丈夫?肝臓を疲れさせる5つの生活習慣

肝臓が疲れると体全体に疲労感を感じると言われています。
毎日快適に過すためにも、なるべく肝臓に負担をかけない生活を送りたいものです。
そこで肝臓の疲れの原因となる日常の5つの習慣について紹介しましょう。

1、アルコールの過剰摂取

アルコールは過剰に体に入ると、肝臓を疲労させる原因となります。
体内に摂取したアルコールを分解させようと肝臓は大忙しになります。

 

その結果、アルコール分解時に毒性が高いアセトアルデヒドが分泌され、
肝細胞に傷をつけてしまうことがあります。
さらにはミトコンドリアほのか細胞の働きが低下する原因をもなります。

2、過剰な飲食

食べすぎも肝臓によくない影響を与えます。
必要以上に食べ過ぎると、食べ物の中のたんぱく質を分解する過程で、毒性のアンモニアが発生します。

 

このアンモニアを解毒するときに、エネルギーを多く使いますので体全体の疲労が生まれるのです。
食べた後に無性に疲れやすかったり、食べても疲れが取れないという場合は、
今一度自分が摂取すべき食事の量を見直すとよいでしょう。

 

3、運動不足

意外と知られていませんが、あまり体を動かさない習慣があると、肝臓機能が低下する要因となります。
運動不足は、体内の血流循環が悪くなりますので血流が滞ると、古い血液が増えることになります。
結果、肝臓がより多くの働きをすることになり肝臓のオーバーヒートになります。

 

適度に体を動かすことは肝機能を高めるためにとても効果的なことなのです。

 

4、激しい筋肉運動

逆に急に激しく体を動かすことも肝臓を疲れさせてしまう要素となります。
急激に運動することで筋肉が酷使され、その過程で有害物質アンモニアが作られてしまいます。
大量のアンモニアが発生してしまうと、肝臓の負担が高まるのです。

 

最近疲れやすいと感じる場合は、激しい運動は控えてみましょう。

 

5、ストレス

ストレスが発生すると副交感神経での分野の肝臓の動きが低下すると言われています。
さらには血液機能の低下ももたらすので肝臓に負担をかけます。
普段からストレスをためない生活を心がけたいものです。

 

 

以上が肝臓を疲れさせる5つの習慣になります。
最近疲れやすいという人は、毎日の習慣をあらためて見直してみるとよいでしょう。

疲れが取れない人へおすすめのサプリメント