疲れが取れないのは加齢などによる体力低下が原因かも

疲れが取れないのは体力低下が原因かも

なんだか昔と比べると疲れが取れないと思うことが多くなった…と、悩んでいませんか?
もしかするとその疲労の原因、体力が低下していることにあるかもしれません。

 

特に30代〜40代の人に注意して欲しいのが、加齢によって体力が低下してしまうこと。
昔と同じ気持でいると、どんどん体力は低下していき、
疲れやすい体に磨きがかかってしまうかもしれません。

加齢は人間の最大の敵!!

私たちの体の新陳代謝の働きは、加齢によってどんどん低下してしまいます。
「若い頃は大丈夫だったのに、今は…」という現象が起こるのは、これが原因であったわけですね。

 

そして新陳代謝が低下していくと、1日の疲れも取り除きにくくなってきてしまうものです。
少しでも「昔のようにいかなくなったなあ…」と感じているなら、
自分の体の体力低下を意識してみるようにしてみましょう。

加齢による体力低下で色々なものが不足してしまう

人間は歳を重ねるごとに体内で必要な栄養素も不足しがちになってしまいます。
例えばビタミンやミネラルなどが不足するケースが多いのですが、
これらは体内で消化吸収を行ったり免疫力を維持したりするのに必要不可欠です。
そのため、これらの栄養素が不足してしまうことで総合的に体力低下が起こってしまうことになります。

 

なかなか疲れが取れない体から抜け出すためにも、
こうした栄養素は食事で積極的にとっていきたいものです。
食事での摂取が難しい場合には、サプリメントなどで摂る方法もオススメですよ。

喫煙者はタバコが体力低下を招いている場合も…

煙草の煙には一酸化炭素という物質が含まれているのをご存知でしょうか?
これ、人を酸欠にさせてしまうものなので、体内に酸素が供給されにくくなってしまいます。
この酸欠状態によって全身の酸素量が減少し、体力が低下してしまうのです。

 

疲れが取れないことに悩んでいる人でタバコをよく吸っているという場合には、
一日あたりに吸うタバコの量を減らしてみることから始めてみるのも良いかもしれないですね。

疲れが取れない人へおすすめのサプリメント