疲れを取る方法をまず知ろう

疲れを取る方法をまず知ろう

誰しも疲労というのは感じるものです。
疲れない人間はいません。機械ではないのですから。
でも疲れても人はその疲れを回復させる術を知っています。
では、疲労回復は一般的にどのように行うのでしょうか。

人が疲労を感じる原因

主に人間が疲労を感じる原因は肉体と精神の2つに分けることができます。
激しいスポーツをしたり、体をずっと動かしたりしていると人間はどうしたって疲れます。

 

また精神的な疲れとは、お客様とずっと接していなくてはならなかったり、
人とのつながりが大切になる仕事をしている人に多く溜まっていきます。
ストレスや肉体労働が疲労の原因になる、と考えればいいでしょう。

ぐっすり眠る

睡眠中の女性

やはり一番はこれですね。仕事などで精神的にも肉体的にも疲れた…となっても、基本的に一晩ぐっすり眠ればその疲れは回復させることができます。

 

疲れたなぁ…と思ったら休む。これが一番の薬なのです。逆に睡眠不足だと、疲れが取れずに蓄積してしまいますから、質の高い睡眠をしっかりとることを心がけましょう。

お風呂などのリラックスタイムを作る

お風呂は精神を休ませるいい方法です。
アロマオイルやバスソルトなどを使ってゆっくりをお風呂に入るとその日の疲れが癒されます。

 

特に人との付き合いが多い仕事をしている人は、こうしたリラックスタイムを作ってあげると
ストレスも取り除かれて、疲れを取ることができます。

有酸素運動をしてみる

運動中の女性

え??なんで疲れているのに運動するのか?って思う人も多いかもしれません。もちろん、日頃から体を動かしている人は、運動では解決しないでしょう。

 

でも、もしあなたがあまり体を動かしていないのであれば、疲れている原因は動いていないことなのかもしれません。実は動かないというのは、疲労の原因となり得るのです。

 

仕事がデスクワークの人は特に、意識的に体を動かさないと、ほとんど運動をすることがないかと思いますので、
ぜひ体を動かしてみてください。スッキリして疲労感が軽減されると思いますよ。

 

それでも疲労がとれない場合

どんなことをしても体の疲れがとれない…そんなときは肝臓の疲れを疑いましょう。
あなたは日々、肝臓を酷使していませんか?

 

お酒は飲んでない…という人も脂っこい食事や偏った食事をしたりすると
肝臓は酷使されてだんだんと疲れてきてしまいます。
また睡眠不足や夜更かしなどでも肝臓は疲れてしまいます。

 

疲れを取るためには規則正しい生活とバランスのいい食生活、そしてたっぷりの休息が大切なのです。

 

これは肝臓にも言えることです。
きちんと肝臓も休ませてあげないとやはり疲れてしまいますから、
何をしてもダメ、というときは肝臓を意識した生活を送るようにしてみましょう。